映画『選挙』
ニュース 物語 解説 コメント 劇場情報 ギャラリー 予告編 監督のコメント 製作ノート クレジット リンク 監督ブログ 山さんブログ
2009年7月、ライズX他、全国順次ロードショー!
awards

コメント&レビュー

team
"ベルリン映画祭の一大センセーション"
"日本人のメンタリティーについての荘厳なる序説"
  - Andreas Platthaus  独「Frankfurter Allgemeine Zeitung」紙
原文(ドイツ語)
英語訳

"魅惑的な主人公を描いたカリカチュア"
  - Thomas Sotinel  仏「ルモンド」紙
原文(フランス語)
英語訳
"『選挙』は最良のダイレクト・シネマだ"
"悲劇的な主人公であるにもかかわらず、
今年のフォーラム部門でおそらく最も可笑しい映画"
  - Silvia Hallensleben  独「Der Tagesspiegel」紙
原文(ドイツ語)
英語訳

"政治にここまで肉迫した映画は稀だ"
  - Bert Rebhandl  独「Die Tageszeitung」紙
原文(ドイツ語)

"娯楽性たっぷりの120分間は、ニッポン民主主義の
内側をたやすく覗かせてくれる"
  - Florian G.  独「Stern」誌
原文(ドイツ語)
英語訳

"撮影の準備期間が無かったことは、この映画にとってポジティブに作用した。
カメラは被写体に何の指図を与えることもなく、常に肉迫している"
  - Christoph Mayerl  Perlentaucher.de

"『選挙』を観ると日本の政治のことがよく分かる"
  - Christian Westheide  Festival Blog Berlinale 2007
"監督の想田和弘は、天才的で凄まじい筆致でもって、
日本の選挙のみならずその背後にある文化や社会を描き出すことに成功した"
  - Fabio Fusco  伊「Cinema Zone」

"恐ろしくも楽しめる、稀にみる宝"
  - Lanacion.com

日本のどぶ板政治の典型とも言える市会議員選挙の舞台裏に密着した
カメラは、最後まで近からず遠からず微妙な距離感を保ち続けて、
見事にニッポンの根っ子を活写した。このダイレクトシネマは
監督の想田和弘が、日本を離れアメリカに暮らした余所者の視点で
最も日本的な集団と組織のあり方を見つめたが故に可能になったの
であろう。そこにこの映画のユニークな新しさがある。
  - 佐藤真  ドキュメンタリー映画監督「阿賀に生きる」

本作で描かれた選挙運動の舞台裏は、日本固有のものであると同時
に普遍的だ。この映画は、スマートで笑えてサスペンスに満ちて
おり、『ロスト・イン・トランスレーション』や『作戦室 (The War Room)』
を連想させる。
  - マーシャル・カリー  米アカデミー賞ノミネート監督

日本について、今まで観た全ての黒澤映画を合わせたのより多くの
ことを、この映画一本で学んだ。
  - デービッド・B・カレン  「スタートレックTM」脚本家

「選挙」は日本の政界の奥深い内部を曝け出す。
  - クリストフ・テルヘヒテ  ベルリン映画祭フォーラム部門ディレクター
原文を読む(英語)

最後まで釘付けであっという間。ここまで日本人を描けるのかと感嘆した。
  - 岡博大  「東京新聞」

街角の選挙運動を洞察力と風刺精神でとらえた。
  - デレク・エリー  米「Variety」誌

言葉に表せないほど面白かった。ユーモアと洞察に溢れ、
選挙の雰囲気を見事に捉えている。おめでとう!
  - ジェラルド・カーティス  コロンビア大学政治学教授

日本流の選挙戦術をつぶさに追ったこの映画は、
政治に関心が高いとされるベルリンの観客に
驚きと笑いをもって迎えられた。
  - 深津純子 朝日新聞

日本の選挙活動の特質をあぶり出す意欲作。
  - 時事通信